バリアフリーな生活

バリアフリーって?のカテゴリーへ
場所別のバリアフリーのカテゴリーへ
すみよい社会に向けてのカテゴリーへ
バリアフリーが進んでいる国のカテゴリーへ

Law and mark

法律やマーク

完全な「バリアフリー社会」を作り出すことはむずかしいですが、多くの人が少しでも住みやすい社会にするためには、さまざまな法律を決めていくことが大切です。さらにマークなどを使って、バリアフリーにすべきことを人々に知らせる必要もあります。ここでは、バリアフリーに関する法律やマークを紹介しましょう。

法律

バリアフリーに関する法律を紹介します。この法律ができたおかげで、高齢者や障がいをもつ人が自由に行ける場所が増えてきました。

建物や交通機関に関する法律

バリアフリーの第一歩は、高齢者や障がい者が自由に外出できること!そのために重要な法律が1994年、日本で定められました。デパートやホテル、学校などたくさんの人が使う建物を対象にした「ハートビル法」が制定されました。そして、2000年に「交通バリアフリー法」ができ、2年後には「ハートビル法」が改正、さらに2006年には「ハートビル法」と「交通バリアフリー法」が合体した「バリアフリー新法」が制定されました。この「バリアフリー新法」は、正式名称を「高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律」といいます。

おもなマーク

次は、バリアフリーに関するおもなマークを紹介します。これらのマークを見かけたときには、ちょっとした配慮(はいりょ)をするようにしましょう。

「国際シンボルマーク」

国際シンボルマーク

正しくは、「障がい者のための国際シンボルマーク」といいます。これは障がいをもっている人たちが、簡単に利用できる建物や施設であることを示している世界共通のシンボルマークになります。また、車椅子を使っている人だけを対象にしていると思っている人も、なかにはいるようですが、そういった人だけではなく、すべての障がい者を対象にしています。このマークの使い方については、国際リハビリテーション協会が決めています。

「障がい者マーク」

障がいしゃマーク

これは、身体障がい者標識(ひょうしき)または「四葉マーク」とも言われています。体が不自由なことを理由にして自動車免許に条件がついている場合、その障がいが車の運転に影響(えいきょう)をおよぼすおそれがあるときに、運転する車に表示するマークです。このマークをつけた車への幅寄せや割り込みは禁止されています。道路交通法によって決められたマークになります。

「聴覚障がい者シンボルマーク」

1980年に紹介されて以来、数カ国で定期刊行物やポスターなどに使われています。そのほか、耳の不自由な人が通訳などのサービスを受けられる場所でも見かけます。これは、世界ろう連盟によって決められた、世界共通のシンボルマークになります。

「視覚障がい者シンボルマーク」

手紙や雑誌の冒頭(ぼうとう)、歩行用に表示するなど、自由に使っていいとされています。信号機や国際点字郵便、本などで見かけます。世界盲人連盟によって決められた、視覚障がい者のための世界共通のシンボルマークになります。

「ほじょ犬マーク」

身体障がい者補助犬同伴(どうはん)をうながすマークです。盲導犬、介助犬、聴導犬のことをまとめて身体障がい者補助犬といいます。身体障がい者補助犬法によって、今は公共の施設や交通機関、デパート、ホテルなどでも身体障がい者補助犬が乗り物に乗ったり、お店に入ったりできるようになりました。

オストメイトマーク

人工こう門、人工ぼうこうをもっている人(オストメイト)用のトイレ設備があることを表示しているマークです。オストメイト対応トイレの入り口や、案内プレートに表記されています。

ハートプラスマーク

体の内部に障がいをもっている人をあらわしているマークです。こういった人たちは障がいをもっていることが外見からではわかりにくいので、一人でも多くの人にそのことを理解してもらうために作られました。

その他のマーク

犬やウサギのマークがついたおもちゃを見たことがありますか?子供のおもちゃにもバリアフリーが広がってきています。

「盲導犬マーク」

盲導犬をデザイン化したマークです。目の不自由な子も、そうでない子も一緒に遊べるおもちゃについています。手ざわりや音(おしゃべり機能がついているなど)に工夫がしてあります。

「うさぎマーク」

うさぎをデザイン化したマークです。目の不自由な子も、そうでない子も一緒に遊べるおもちゃについています。音が調整できるようになっていたり、目で楽しんだり、振動(しんどう)を感じられる…などの工夫がしてあります。


ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 バリアフリーな生活 All Rights Reserved.