バリアフリーな生活

バリアフリーって?のカテゴリーへ
場所別のバリアフリーのカテゴリーへ
すみよい社会に向けてのカテゴリーへ
バリアフリーが進んでいる国のカテゴリーへ

House

住宅

今、新しく建てられる住宅は一軒家、マンション、集合住宅問わずバリアフリー対応になっているところが増えています。バリアフリー対応にすることで、みんなが住みやすい住宅になりますね。ここでは、住宅内の部屋別のバリアフリーについて見ていきたいと思います。家がくつろぎの空間になるよう心がけましょう。

玄関・ドア

まずは、玄関。外から家に入るときや、反対に家から外に出るとき、段差や階段があると車椅子の人はだれかの手を借りなければいけません。また、高齢者や小さな子どももつまずいたりすることもあるため、キケンです。なので、玄関は段差をなくし、スロープにするといいでしょう。もし、急なスロープしかつけられない場合は、手すりが必要になります。ふつうは下りるときの利き手側につけますが、できれば両側にあるとより便利です。

このほか、玄関内には上がりまちがあります。ここの段差が大きい場合は、踏み台をつかいましょう。一方、車椅子の場合は段差解消機を使うこともできますが、住宅のつくりからして玄関を使っての出入りがむずかしいときには、開く部分の下のほうが床と同じ高さになっている掃き出し窓から、出入りするという方法もあります。

ドアは玄関だけでなく、できればすべての部屋のドアが引き戸になっているといいですね。そして軽いものなら、少ない力でも開け閉めできるので、なお便利ではないでしょうか。引き戸は手の力が弱い人のほか、開き戸と違って、一度うしろに下がる必要がないので、車椅子使用者にも使いやすくなっています。開き戸でも外開きになっていると、ラクにでることができます。

廊下・階段・寝室

手すり

次に紹介するのは、廊下、階段、寝室です。廊下の幅は、車椅子一台が壁にぶつかることなく通れる広さが必要になります。また、長い廊下が続く場合や階段などには手すりがあるといいですね。階段の踏面には、ゴムでできたすべり止めなどをつけましょう。 寝室は、眠るための大切な部屋です。高齢者や障がい者のなかには、一日のほとんどを寝室ですごす人もいるでしょう。寝室をバリアフリーな空間にするには、布団だと上げ下ろしが大変なので、ベッドを置くことを基本に考えましょう。もう、どうしてもベッドを置くにはせまいなどというときは、ソファーベッドにしてもいいかもしれません。ほか、ベッドの上にいても外の景色や家族との会話を楽しめるようにすることも重要です。

トイレ

トイレ

公共施設のトイレばかり気にして、住宅のトイレの使いにくさをガマンしていませんか?トイレに関しては新しくて、よほど広い住宅でなければ完全なバリアフリーにするのはむずかしいかもしれません。とくに、介助が必要な人や車椅子のまま入って便座に移る人などは、家のトイレもある程度の広さが必要になります。また、温水洗浄便座も取り付けることをおすすめします。そのとき、壁につける操作盤にすれば、より使いやすいですね。もちろん、手すりも大事です。

洗面・脱衣所、浴室

すのこ

洗面・脱衣所にはイスを置いて、そこに座ったまま洗面や服の脱ぎ着ができるようにしましょう。洗面台は、洗面カウンター形式のものが便利です。これなら少しくらい寄りかかっても大丈夫。鏡もイスや車椅子に座っていても、胸から上が見えるものがいいですね。 車椅子使用者の中にはシャワー用のものに乗りかえて、その場で服を脱ぎ、そのまま浴室に入る人もいます。さらに、すべりやすい浴室は床やバスタブ内に、すべり止め防止のマットを敷きましょう。出入り口には、すのこを置くなどして段差を解消することも忘れずに。

キッチン

労力をあまり使わずに調理できるキッチンだったら、だれでも嬉しいですよね。できることなら、立った状態と座った状態のどちらにも合わせてキッチンカウンターの高さを調整できることが望ましいですが、高価なのが難点です。また、座って作業するなら、シンクは浅いほうが使いやすいでしょう。コンロや食器棚、冷蔵庫なども低いものを選ぶなど、工夫をしなければなりません。そのほか、ちょっと調理台に寄りかかりながら作業する場合、サポートバーをつける方法があります。けれど、そうするとシンクまでの距離が遠くなることもあるので、注意しましょう。


ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 バリアフリーな生活 All Rights Reserved.