バリアフリーな生活

バリアフリーって?のカテゴリーへ
場所別のバリアフリーのカテゴリーへ
すみよい社会に向けてのカテゴリーへ
バリアフリーが進んでいる国のカテゴリーへ

Medical treatment and welfare agency

医療・福祉機関

今、医療・福祉機関の多くは、バリアフリー対応になっています。バリアフリーになっていないところなんてあるの?と思う人もいるかもしれませんが、とくに小さなところは対応していない病院なども意外とあります。ここでは、医療・福祉機関のバリアフリーについて紹介していくことにしましょう。

総合病院

車椅子

大きな総合病院などは、バリアフリーになっていて、出入り口も段差がなくてすんなり入ることができます。また、病院によってはスロープと階段の両方がある場合もあります。総合病院内はもちろん手すりやエレベーター、多目的トイレなどがそろっているので、不便を感じることは少ないかもしれませんね。また、呼び出しのときには電光掲示板がよく用いられていますし、目の不自由な人向けに声がけのほかにも、振動呼び出し器を貸し出してくれたりもします。問題点としては、エレベーターのボタンに階数ごとの点字がついていないことが多いです。さらに院内までのアプローチについては、残念ながらすべての病院がバリアフリー対応をしているわけではありません。ベビーカーに乗った赤ちゃんが多くくる小児病院なのに玄関口に何段もの階段があるケースも見られます。院内だけでなく、外側も整備することが大切です。

個人病院

一方、小さな個人病院などはバリアフリーになっているところもあれば、そうでないところもあります。出入り口にスロープがついていても、病院内には段差があって動きにくい…などということも。このような小さい病院の特徴は、玄関に上がりまちが必ずといっていいほどある点ではないでしょうか。私自身も以前、歯医者に行かなければならなかったとき、かかりつけの病院がなかったので、近所の病院に電話してみました。すると、「診察台に上がることができれば、車椅子でも大丈夫です」とのこと。行ってみると玄関内に入る前に高めの段差が一つ、やっと越えたら今度は上がりまち。受付の台も少し高い。私のような車椅子使用者だけでなく、これでは高齢者も大変です。そうなると結局、少しくらい混んでいても、家から遠くても、総合病院内の診療科に行かざるを得なくなってしまうでしょう。

保健センター

国際シンボルマーク

市町村の「保健センター」は、地域住民の健康診断や相談、教育などの保健サービスを行っています。健康づくりに関するさまざまな活動をするために使われる施設です。ほとんどの「保健センター」がバリアフリーになっています。健康診断で治療が必要という結果が出たときは、病院を紹介してくれたりもするので、そのときには、バリアフリーの病院を紹介してくれるよう、頼むことができます。このほか、地域によっては「保健センター」の駐車場に「障がい者マーク」がついていない場合があります。「保健センター」のバリアフリーに関する問題といったら、これくらいでしょうか。けれど、スペースはきちんと確保されているため、駐車には問題ありません。

福祉センター

「福祉センター」は、地域住民の健康の維持管理・増進を目的とする複合型施設になります。保健センターと同じように、プールやトレーニング機器を備えたフィットネス施設をはじめ、体の機能回復訓練を行う「障がい者福祉センター」、ボランティアセンター、「児童センター」「介護相談センター」など、さまざまなフロアに分かれています。「福祉センター」なのでバリアフリー対応はバッチリ!誰でも快適に使うことができます。こういった福祉施設は、高齢者・障がい者のことを中心に地域のみんなのことを考えて建てられているため、使い勝手はよくなっています。これは、「保健センター」にも同じことがいえるでしょう。


ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 バリアフリーな生活 All Rights Reserved.