バリアフリーな生活

バリアフリーって?のカテゴリーへ
場所別のバリアフリーのカテゴリーへ
すみよい社会に向けてのカテゴリーへ
バリアフリーが進んでいる国のカテゴリーへ

Universal design

ユニバーサルデザイン

バリアフリーと並んで「ユニバーサルデザイン」という言葉も最近、よく聞くようになりました。けれど、実際にはどんなものか、わからない人もいるのではないでしょうか?ここでは、バリアフリーとの違いとともに、ユニバーサルデザインについて紹介していきたいと思います。

ユニバーサルデザインって?

カンジュース

男性、女性、子供、大人、背が高い人、背が低い人、右利きの人、左利きの人など私たち人間は、さまざまな違いを持っています。こういった色んな人が自由に使えるモノづくり…。テレビや新聞などでも、よく見聞きするようになった「ユニバーサルデザイン」は、年齢や性別、能力、使用環境などに関係なく、どんな人にもできるだけ使いやすく、わかりやすい空間・製品をデザインしようという考え方です。ユニバーサルデザインは、「すべての人々に対し、その年齢や能力の違いにかかわらず、大きな改造をすることなく、また特殊なものでもなく、可能な限り最大限に使いやすい製品や環境のデザイン」と定義されています。

ユニバーサルデザインの7原則

1985年にアメリカの建築家で製品デザイナーのロナルド・メイスが発表したユニバーサルデザインの考え方には、7つの原則があります。これを「ユニバーサルデザインの7原則」といいます。この原則は、どんなものを作るべきか…ということを決める際に、とても役立ちます。

1.誰にでも使用でき、入手できること
2.柔軟に使えること
3.使い方が容易にわかること
4.使い手に必要な情報が容易にわかること
5.間違えても重大な結果にならないこと
6.少ない労力で効率的に、楽に使えること
7.アプローチし、使用するのに適切な広さがあること

ユニバーサルデザイン例

今は市販されている製品にも、高齢者や障がい者に限らず、誰でも使いやすく作られたものが多くあり、生活や動作の助けとなっています。私たちがよく知っているユニバーサルデザインが取り入れられているものに、シャンプー容器があります。シャンプー容器の側面についているギザギザは、ユニバーサルデザインの一例です。これは、あるメーカーが触っただけでリンス容器との区別ができるように、シャンプー容器にだけギザギザをつけたのです。「髪を洗っているときに目を閉じたままでもわかる」と、目の不自由な人だけでなく、たくさんの人の人気を集めました。また、こういった製品は「共用品」とも呼ばれています。シャンプー容器のほかにも、たとえばこんな例があります。

わかりやすさ

プリペイドカード

切り欠きの形のちがいで、カードの種類がわかりますし、カードの向きもわかります。

大活字本

大きくて太い文字で書かれている本なら、読みやすいです。

聞き取りやすいラジオ

早口の人の話が聞き取れない場合、聞き取りやすいスピードに調整できます。

アプローチのしやすさ

触知案内図・案内表示

点字や凹凸のある線、面などを触ることでわかったり、絵記号で意思伝達をしやすくします。

エレベーター

階段での移動がむずかしい場合、エレベーターが便利です。ボタンも低い位置についていると、なお良いですね。

自動販売機

少し高めの位置におつりや飲み物の出口があると、かがまなくても取れます。また、上段のボタンは、下のほうにもついていると使いやすいです。

使いやすさ

ビンやペットボトル

くびれがあると、滑りにくくて持ちやすいです。

携帯電話

画面の文字表示を大きくできたり、振動で着信がわかるようになっています。

全自動洗濯機

ボタンを一つ押すだけで、すべての作業が自動的に行われます。

バリアフリーとの違い

ユニバーサルデザインとバリアフリーの考え方は似たようなものにも思いますが、実は違う考え方になっています。バリアフリーはすでにあるバリアを不便と感じる人を対象に、それを解消する限られた選択肢を通じて、バリアのある環境の中でどうにかやっていく…というものです。その一方でユニバーサルデザインは、最初からバリアをつくらないようにしようという考え方です。これによって能力のちがいに関係なく、差別感をなくす環境を生み出していきます。


ページの先頭へ

Copyright(c) 2010 バリアフリーな生活 All Rights Reserved.